スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PhotoshopのパターンをGIMPで使用する

3zFqb.jpg

無料でありながら、素人では手に余るほどの機能を備えた画像編集ソフト「GIMP」。
予定では、2010年12月(今月!?)に「GIMP2.8」がリリースされるそうです。
楽しみですね。


そんな「GIMP」ですが、ブラシ素材はPhotoshop用のものが使えますが、パターン素材については、Photoshopと同じファイル拡張子(.pat)なのに使うことができません。
GIMP用のブラシ素材やパターン素材を使えばいい話なのですが、Photoshopとは比較にならないほど少ないのが現状です。


そこで、今回は、GIMPでPhotoshop用パターン素材を使うことができるプラグインと導入手順を紹介します。
<手順1.> http://registry.gimp.org/node/11003にアクセス。

 「ps-pat-load-1.0.zip」をダウンロード。


<手順2.>ダウンロードした「ps-pat-load-1.0.zip」 を解凍。

  中にある「ps-pat-load.exe ファイル」を、GIMPのプラグインフォルダに保存。


<手順3.>「複数の画像からパターンを一括作成(Script-Fu)」(鉄とGIMPさん)にアクセス。

 「fe-layers-to-patterns.zip」をダウンロード。


<手順4.>ダウンロードした「fe-layers-to-patterns.zip」を解凍。

 中にある
      「0-fe-util.scm
      「fe-layers-to-patterns.scm
 をGIMPのscripsフォルダに入れる。


<手順5.>GIMP起動。(photoshopのパターンファイルを開く。)

 *開くファイルがパターンセットの場合は、分割画面のようにまとめて表示されます。


<手順6.>「ファイル」→「save layers as patterns」をクリック。

 GIMPのpatternsファイルに保存。
 *パターンセットの場合も、一括で一枚ずつ保存されます。


<手順7.>「パターンファイルの再読み込み」もしくは、GIMP再起動。

 *以上で完了!Photoshopのパターン素材が使えるようになります。
 <詳細はEglantyne2さんの記事を参照ください。>






<おまけ>

GIMP2.4以上のバージョンであれば、直接Photoshopブラシを使うことができます。

*PhotoShopのブラシファイル(.abr)を、GIMPのbrushesファイルに入れてください。



↓GIMP2.6のダウンロードはこちらから↓


*こんなバナーも自分で作れちゃうのがGIMP!
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。