スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BTOパソコンのススメ

つ、ついに!
パソコンを購入することに決めました♪



購入先は決めていませんが、BTOパソコンを購入する予定です。
ちなみに、『BTO』とは、「Built To Order」の略で、受注生産の仕組みを意味します。

なぜ、BTOパソコンを購入するのか?
<その1>
メーカー品に比べて安い!
パソコンは安い買い物ではありません。やはり、価格は大事な基準です。

<その2>
自分好みにカスタマイズできる!
自分の使用用途にあったパソコンを購入できるということです。
メーカー品だと、自分が求めているものが無かったり、必要ないものが付いていたり...


要は、『より安く!よりいいものを!』ってことです。


例えば、今回わたしが求めているスペックのパソコンを、某家電量販店のwebサイトで探してみました。
結果、ニーズを満たしてくれる商品自体ありませんでした。
しかし、BTOパソコンショップにはあります。カスタマイズできるから当然ですね。
そして、私のニーズに一番近いと思う某家電量販店の商品と、BTOパソコンショップの商品(ニーズを満たしたパソコン)との価格を比較すると、某家電量販店の商品の方が割高でした。
ニーズを満たしていないにもかかわらずです...
しかも、その差額は結構なものです。万単位で違います。

個人的には、家電量販店でパソコンを買うなんて考えられません。


そこで、ショップ選び。
今回は以下のショップの中から購入する予定です。


ドスパラ
初心者から自作ユーザーまで幅広く支持されている、BTOパソコンのweb通販サイト。
BTOパソコンの情報を取り扱うサイトやブログの多くが高い評価をしています。
納期が5日以内と早く、もちろん、保障もあります。
サイトも非常に見やすく、誠意・安心・信頼を感じさせるショップですね。
カスタマイズ性・品質・価格、いずれも申し分なく、名実ともにNo1といってもいいでしょう。



マウスコンピューター
なんといっても激安!コストパフォーマンスが良いことで有名な、BTOパソコンのweb通販サイト。
カスタマイズ性が高く、「24時間365日電話サポート」も実施しているので、初心者も安心のショップですね。
納期は一週間程度。保障あり。
マウスコンピューター/LUV MACHINESシリーズ


パソコン工房
全国に約70店舗の直営店を展開!
"フェイス""ツートップ"という有名ショップを傘下に治める業界屈指のBTOパソコンショップ。
納期は7日以内、カスタマイズ性も高く、保障もあります。
まさに、安心・信頼できるショップですね。
パソコン工房



フェイスインターネットショップ
カスタマイズ性が段違いに豊富!知る人ぞ知る有名ショップ。
マニアの目に敵う品揃えに加えて、満足の価格設定。
保障あり。納期が10日以上と長いですが、それは品質と信頼の証!
サイトも非常に見やすいです。
フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)




もちろん、BTOパソコンにもデメリットはありますが、個人的には気になりません。
私が把握している限りでは、「デザイン性に欠ける」「実物が見れない」「使用パーツのメーカーが怪しいこともある」などが挙げられますが、デザイン以外はショップへの信頼で解決できるレベルのものです。
当然、いずれのショップもデメリット(顧客の不安)に対する経営努力はしているでしょうし、そのことは、ショップの実績を考えれば一目瞭然です。
やはり、BTO以外のパソコンを選ぶ理由は見当たりませんね。



現在、パソコン購入を検討している貴方!
BTOパソコン!これはお薦めですよ!


・・・とは言え、どのBTOパソコン(機種)を選べばいいのか、どうカスタマイズすればいいか、迷ってしまいますよね。
(この「迷う楽しさ」もBTOパソコンのメリットだと思いますが)

とりあえず、私がどのようなモノサシを持ってパソコンを選ぶのか...
参考にもなりませんが、続きに書いておきます。
興味のある方は、下の「>>Read More」をクリック!
まずは、私が理解しているパソコンパーツの役割。
(カスタマイズする際の主な選択肢のみ)

■ CPU
パソコンの頭脳。数値(GHz)が高いほど高性能(処理速度が速い)

*FBS:情報の通り道。道は広い(数値が高い)方が渋滞しないもんね!
*キャッシュ:情報の貯蔵庫。大きいほど、メインメモリ(作業場)を使わなくて済むよね!(L1,L2とかって書いてあるよ)

<性能の目安> (Intel製品):参照元URL
ratings-5star-small.gif (処理速度最大!究極の技術を採用した最上位モデル)
ci7x_78x59.gif ci7_78x59.gif

ratings-4star-small.gif (高度な技術を採用!快適な速度を実現したモデル)
ci5_78x59.gif

ratings-3star-small.gif (省エネルギー、コストパフォーマンスに長けたスマートモデル)
ci3_78x59.gif

ratings-2star-small.gif ratings-1star-small.gif

pp_78x59.gif celeron_78x59.gif

※長くなるので割愛しますが、コア数の違いくらいは知っておいた方がいいと思います。また、Intel製CPUの他にAMD製CPUもありますので、興味のある方はそちらも調べてみてください。


■メモリ
作業場。一時的に情報を記憶して作業するためのスペース。
当然、広い方が作業効率がよい。(容量が大きい方がよい)


■HDD
情報記憶装置。数値が高いほど多くを記憶できる。

*動画などを多く保存したい人は、容量が大きい方がよい。


■グラフィック機能
グラフィック表示に必要な演算処理をする。(GPUとかVGA)
         
*オンラインゲームしたいなら必須。
(チップセット内臓とかではないもの)
※GPUは、NVIDIA製とATI(AMD)製がありますので、興味がある方は調べてみてください。


このくらいの理解でも、無いよりはマシです。
パソコンを購入するときの目安にはなるだろうと思っています。
「目安」というのは、パソコンのスペック(性能)ね。
現在使用しているパソコンのスペックを把握しておくと、より具体的な目安をもつことができると思います。
(と言っても、感覚的な目安ですよ。客観的な目安をもつには専門的な知識と経験が必要でしょうね。)
*パソコンスペックは、
「スタートボタン→ファイル名を指定して実行→dxdiagと入力→実行」
で知ることができるはずです。
(Directx診断ツール)

自分がパソコンを使って何をしたいのか?
それを考えて、スペックを絞り込みましょう。
*どこのショップもデスクトップ・ノートともに豊富なラインナップがありますので、無理にカスタマイズしなくても大丈夫ですよ。



まあ、最後の最後に鍵を握っているのは、やっぱり「懐具合」(予算)なんですけどね。笑


それでは、さっそく私も悩んで(楽しんで)きます♪
>>気になるパソコン情報満載!(人気ブログランキング)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。